311

2013.03.11 日記

お仕事前の穏やかな空。

DSCN0424

約1年半前の秋、出勤するため車に乗りこむところです。

この頃は千葉のお店で働いていました。

クローズまであとわずか。

地元を離れることもあり、何気ない風景を何気なく撮る。

この約半年前、3.11にあの震災。

お店で6弱の揺れから逃げたものの、情報はなく。

自宅では電気の点かない一晩を過ごしたのち、目の当たりにした映像。

毎朝被災地の状況を新聞で見、知る。そんな毎日でした。

自分のできることは小さいのですが、少しでも。

声に出すことは少なくなっても、頭のなかから消えることはありません。

そのためにも写真を。直接繋がりのない画像でも見るだけでその時の心情だったりを思い出せます。

この穏やかな空の下、近隣の小中学校には、除染作業を終えた土を包んだ大きな袋が校庭にポツリポツリ。

後ろ向きのためでなく、現実に起こったことを忘れず、思い続けること・知り続けること。

4年ほど前に訪れた東北。いい旅行でした。

また行けるよう。

 

 

 

 

Share on Facebook

お問い合わせはこちら