山田洋次さんのスリップウェアが再入荷しました!

2015.07.06 お知らせ, 日本民芸陶器

こんにちは、久しぶりの更新で申し訳ありません。

 

先月、信楽でスリップウェアを中心に作陶されている山田洋次さんの元へ買い付けに行って参りました。

今年の3月16日大阪梅田のハービスエント3Fに「英国Style+1、antikaとモダン」オープンに伴い念願叶って新しくお付き合いの始まった人気の作家さんです。

 

 

高温度で焼かれておりオーブン、レンジ対応の丈夫な器。ナイフ&フォークで酷使して使っても大丈夫。
スリップの技法を用いて、現代の日本の食卓に生える器を作られています。

より古典的ななスタイルに近づけようと生み出される器は、
土の素朴な温かさと洋次さんのほんわかとした優しさを感じ取れます。

IMG_0306

IMG_0305

人気の鳥の図柄、すぐに売れてしまいました。

 

 

 

IMG_0303

あっ、廊下の片隅で静かにそしてその存在感を醸し出しているロッキングチェアを発見、よく見るとなんと

古いアーコール社のロッキングチェアでした。

座面の角が程よく削れ使い込まれていて、とっても素敵でした。洋次さんの器をゆったりと眺めているようなそんな感じ

IMG_0298

 

 

 

 

オールドのザックリとしたギャッベ、スリップウェアの作品を多く置いている空間には明るさを、とお考えのなか
出会った一枚だそう。図柄もとっても可愛いくって私も一目惚れしました。

IMG_0311

ギャッベって和室にもぴったり合います。

山田洋次さんのご夫婦の審美眼を通して集められたお品達、出会う度に新たな発見のある作品、
大阪店京都店にて販売しております。

 

 

ぜひ店頭にて、ご覧下さいませ。

 

 

 

Share on Facebook

お問い合わせはこちら